外国人にも貸せる|家賃収入が高いシェアハウス経営の魅力|家賃債務保証のメリット

家賃収入が高いシェアハウス経営の魅力|家賃債務保証のメリット

男の人

外国人にも貸せる

模型

賃貸物件を運営する上で、必要となるのが家賃債務保証をしてくれる会社です。この家賃債務保証は、借り手側の家賃滞納などの債務を一時的に肩代わりしてくれるサービスです。借り手側にとってみれば保証人代わりとなるため、借り手にとって利益のあるサービスのように見えますが、実際は賃貸物件のオーナーにも利のあるサービスといえます。家賃債務保証サービスを利用することにより、保証人を用意できないという人でもマンションの部屋を借りることができます。部屋を人に貸す場合に最も懸念するべきことは、家賃を踏み倒されることです。保証人は、借り手が家賃を滞納した場合に代わりに家賃を徴収するための相手となります。賃貸物件のオーナー側からすれば、保証人がいない人はリスクが高いため、どうしても貸すことができないのです。家賃債務保証のサービスを利用すれば、家賃の滞納が現れたとしても、債務保証をしてくれる会社側がきっちり本人に催促をしてくれるので、滞納されるリスクがないのです。

家賃債務保証サービスは、賃貸物件の管理代行を行なう会社に依頼することで利用ができます。債務保証のサービスを導入すれば、保証人フリーで誰にでも部屋を貸すことができるでしょう。今まで保証人を用意することが難しかった、遠方から上京してきた人や、外国人などにも貸すことができるのです。特に最近では中国から移住する人も多いので、外国人を相手に部屋を貸したいとする人であれば、効果的なサービスでしょう。家賃フリーというポイントは借り手にとって魅力的であるため、空室を埋める目的として活用することができるでしょう。